×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの税金ガイド



注視区域とは?

注視区域とは?

注視区域というのは、平成10年の国土法の改正によって創設された制度です。

この注視区域の目的は、国土法による地価対策を機動的に行うことにあります。

注視区域の内容は?

注視区域では、次のようなことを定めています。

⇒ 都道府県知事は、地価が一定の期間内に社会的経済的事情の変動に照らして、相当な程度を超えて上昇し、または上昇するおそれがあるものとして、内閣総理大臣が定める基準※に該当し、これによって適正かつ合理的な土地利用の確保に支障を生ずるおそれがあると認められる区域(規制区域、監視区域は除く)を、期間を定めて、注視区域として指定することができる。

※その地域の1年間の地価上昇率が5%超であることなどです。 

注視区域の土地取引は?

注視区域では、一定規模以上の土地取引については、事前届出が実施されます。


中間省略登記とは?
注視区域とは?
聴聞とは?
直接取引とは?
賃貸借とは?
中高層共同住宅標準管理規約とは?
長期プライムレートとは?
宅建業法の聴聞方法は?
賃借権とは?
賃料の評価とは?
デッドスペース
登記請求権
建築基準法上の道路
特定行政庁
土地区画整理事業
テラスハウス
投資信託協会の自主規制
道路位置の指定
特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法
特定優良賃貸住宅制度
アドオン表示
裁判所からの訴状
借用書
クーリング・オフ

Copyright (C) 2011 住宅ローンの税金ガイド All Rights Reserved