×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの税金ガイド



新築住宅の固定資産の軽減措置は?

新築住宅の固定資産の軽減措置について

新築住宅については、一定の要件を満たしたものについて固定資産税の軽減措置が受けられます。

新築住宅の場合は、平成20年3月31日までの時限立法になっていますが、土地についても負担調整がなされています。

固定資産の軽減措置が受けられる新築住宅は?

平成20年3月31日までに新築した住居で、次の要件を満たしていれば床面積120uまでの居住部分について、固定資産税の軽減措置が受けられます。

■住宅は住居専用であること。※
■居住用部分の床面積は全体の2分の1以上であること。
■居住用部分の床面積が1戸について50u以上280u以下であること。

※別荘は除かれます。

要件を満たした新築住宅の固定資産税の軽減措置は?

軽減額は固定資産税の2分の1で、軽減期間は、地上3階建て以上の中高層住宅については5年間、それ以外の住宅については3年間になっています。


登録免許税の軽減措置の注意点
不動産取得税の軽減措置の適用要件は?
固定資産税とは?
新築住宅の固定資産の軽減措置は?
マイホーム購入と消費税
不動産取得税の軽減措置
不動産取得税の軽減措置の手続きは?
住宅用地の固定資産税の軽減措置は?
固定資産税の耐震改修促進税制とは?
消費税がかからないものは?
パワースマート住宅ローン
連帯債務者・責任
いくらまで・借りられるか
失業保険付・住宅ローン
仲介手数料・支払い
働く女性向け・融資
中古住宅購入・ポイント
証券化ローン・顧客の利点
金融機関・審査
住宅ローン選択・ポイント
貸金業者・代理店
特定調停・手続
出資法
クレジット利用・特定継続的役務提供契約・中途解約・加盟店の対応

Copyright (C) 2011 住宅ローンの税金ガイド All Rights Reserved