×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの税金ガイド



つなぎ融資とは?

つなぎ融資について

つなぎ融資というのは、本来の融資が下りるまで一時的に受ける融資のことです。

これは、貸金受領の代理権を担保に短期融資を受けるもので、返済金は必ず住宅金融支援機構から受ける借入金で決済できますので、借主の負担としては利息と手数料のみとなります。

つなぎ融資はどのような際に必要になるのですか?

マイホームの取得にあたり財形住宅融資を利用する場合には、より公平な取り扱いをする必要から、手続きが複雑で厳しい審査があります。

また、申込依頼も大量なので、申し込んでから資金を受領するまでには、最低でも40日間はかかります。仮に、書類提出のタイミングがずれたりすると、2か月程度かかるケースもあります。

このような場合、住宅が完成したのに業者に支払うお金が用意できないという事態になりますが、このような事態を避け、手続きをスムースに行うためにつなぎ融資が必要になってきます。

ちなみに、民間住宅ローンの場合にはめったに必要になることはありません。

つなぎ融資が必要にならないようにするには?

つなぎ融資は、割高な金利や手数料が生じますので、できれば申込手続きがスムースにいって住宅の引渡日に資金が用意できるのが理想的です。

ですから、財形住宅融資の利用の際には、取扱窓口で確実に融資が受けられる日を確認して、つなぎ融資が必要にならないよう、また、仮に必要になったとしても長期にならないようスムースな手続きをすること大切になります。


諸費用ローンとは?
失業時あんしん保険とは?
所得補償保険とは?
買い換え特例とは?
買い換え特例の条件は?
つなぎ融資とは?
失業時あんしん保険の条件は?
所得補償保険の内容は?
買い換え特例と3,000万円特別控除の選択は?
マイホームを貸す場合の税金は?
与信取引・利用目的・同意
自己破産・給料・差押え
金利
不動産・差押え
原価法
建築監視員
原野商法
毎月払いからボーナス併用への変更
公図
減価修正の減価要因
建築条件付分譲宅地
高規格住宅
第一種空港と第二種空港
公道

Copyright (C) 2011 住宅ローンの税金ガイド All Rights Reserved