×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの税金ガイド



登録免許税とは?

登録免許税について

マイホームを取得する際には、土地や建物の権利関係を明確にするためにいくつか登記をする必要があるのですが、その登記に対してかかる税金が登録免許税です。

どのようなときに登記が必要?

マイホームを取得する際には、次のような場面で登記が必要になります。

■金融機関等で住宅ローンを組んで購入した住宅を担保にするとき
⇒  抵当権設定登記

■新築の建物の所有者名の記載
⇒ 所有権保存登記

■名義を売主から買主への変更
⇒ 所有権移転登記

登録免許税の税額は?

登録免許税の税額は、次のようになっています。

■抵当権の設定登記
⇒ 債権額の0.4%(ただし、公庫や財形融資は非課税です)

■所有権の保存登記
⇒ 建物の固定資産税評価額の0.2%

■所有権の売買による移転登記
⇒ 固定資産税評価額の1%

■新築住宅の建物表示登記
⇒ 非課税


印紙税の注意点
登録免許税とは?
登録免許税の軽減措置のポイント
不動産取得税とは?
中古住宅の不動産取得税の軽減措置
マイホームの取得と印紙税
登録免許税の税額計算は?
登録免許税の軽減措置の適用要件と税率
新築住宅の不動産取得税の軽減措置
マイホームを取得と固定資産税
消費者金融・外国・契約
個人再生手続
消費者金融・郵便申込
クーリングオフ・条件
安心度の高いキャンペーン金利
一戸建て・マンションの購入後の支出リスト
マイホーム資金の贈与、非課税枠が3,500万円
借換えする方が得という判断基準
マイホームを買い換えたときの税金の特例
自己資金力アップのための資金援助
収入基準に届かない場合
モーゲージバンク
税務署から「お尋ね」
民間融資の特徴

Copyright (C) 2011 住宅ローンの税金ガイド All Rights Reserved