×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの税金ガイド



住居表示に関する法律とは?

住居表示に関する法律とは?

住居表示に関する法律というのは、昭和37年に制定された法律です。

この住居表示に関する法律は、不動産の地番は1筆ごとに定められますが、その面積というのは大小様々であり、特に、市街地においては、次のようなことから、その表示方法、訪問、配達などの際に混乱を生じ、不便をきたすことになったことから制定されたものです。

■1筆の土地に数個の建物が建てられるケース。
■数筆の土地に1棟の建物が建築されるケース。...など

関連トピック
不動産投資インデックスとは?

不動産投資インデックスというのは、主として不動産投資から得られる収益性を、インカム収益率※1とキャピタル収益率※2を合計した収益率(総合収益率)で示した指標のことをいいます。

※1 一定期間の賃料収益等から得られるインカムゲインを、期首の資産価値で割って求めた収益率のことです。

※2 不動産の期中の価値の変動(キャピタルゲイン)を、期首の資産価値で割った収益率のことです。


不動産投資インデックスとは?
不動産投資インデックスの種類は?
投信法が定める制度とは?
不動産取引紛争事例等調査研究委員会の構成は?
不動産の所在地と住居番号とは?
不動産投資インデックスが使用されるのは?
不動産投資信託とは?
不動産取引紛争事例等調査研究委員会とは?
不動産の鑑定評価に関する法律とは?
住居表示に関する法律とは?
ボラティリティ
密集市街地における防災街区の整備
明認方法
ミニ開発
元付け
保留地
窓先空地
マンションの管理の適正化
メゾネットタイプ
免許の取消し
消費者金融
信用供与
消費生活センター
信用保証会社

Copyright (C) 2011 住宅ローンの税金ガイド All Rights Reserved