×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの税金ガイド



建て替えローンの融資条件は?

建て替えローンの融資条件について

りそな銀行の建て替えローンの主な融資条件は次のようになっています。

<融資資格について>
■給与所得者の場合は勤続年数1年以上の方、給与所得者以外の場合は勤続または営業年数が3年以上の人。

■本人居住用住宅に対する現在借入れの住宅ローンを借り入れてから3年以上正常に返済されている人。

■前年の税込年収が100万円以上の人。
■借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方で、最終ご返済時の年齢が満80歳未満の人。
■団体信用生命保険に加入できる人(保険料は当社負担)。

<資金使途について>
■本人が所有し、居住する住宅の建て替え資金であること。
■現在借入中の住宅ローンの返済資金であること。

<融資金額について>
融資金額は50万円以上1億円以内(1万円単位)ですが、次のような条件があります。

■税込年収に占める年間元利金返済額の割合が最高30%以内(年間返済額には他の借入れの返済分も含みます※)であること。

■担保となる自宅(新築建物を含みます)の担保評価額の最高300%の金額または担保評価額に最高2,500万円を加えた金額のいずれか低い方の金額が上限※です。

■現在借入中の住宅ローン残高を含め、自宅に対する借入金の合計が最大で1億円となる金額以内です。

■建て替えにかかる新規の借入金額の上限は、新築建物の担保評価額の範囲内です。

※年間返済額と担保評価額は当社所定の保証会社の評価によります。

なお、建て替えローンは、親子二世帯型の融資にも利用できます。


固定資産税の軽減措置
都市計画税の軽減措置の要件は?
贈与税の特例と届出書類
ローン完済前に建て替えはできる?
借り換えローンとは?
固定資産税の軽減措置の要件は?
不動産取得税の特例と届出書類
特定居住用財産の買換えに伴う譲渡損失の繰越控除の特例と届出書類
建て替えローンの融資条件は?
提携ローンの融資とは?
消費者金融・クレジット・情報
免責不許可事由・調査
電話番号確認
割賦手数料・規制
短期プライムレートと長期プライムレート
新築と中古の諸費用で安いのは
贈与税の仕組み
通常返済の期間短縮型の特徴
新築マンションの物件概要の見方
生命保険会社・信託銀行のローン
都市計画税の納め方
賃貸と持ち家の維持費
借入金返済と教育費支出
定期借地権契約での確認事項

Copyright (C) 2011 住宅ローンの税金ガイド All Rights Reserved