×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの税金ガイド



贈与税の特例と届出書類

贈与税の特例と届出書類について

贈与税の特例というのは、相続時精算課税のことです。

この特例では、20歳以上の子が親から住宅資金の贈与を受けた場合には、2,500万円までの贈与税が非課税になります。

この特例を受けるためには、贈与があった翌年2月1日から3月15日までに税務署に確定申告をしなければなりません。

贈与税の特例の届出書類は?

贈与を受けた翌年の2月1日から3月15日までに、贈与税の期限内申告書にこの特例を受ける旨の記載をして次の書類を添付して税務署に提出する必要があります。

■相続時精算課税選択届出書

■住民票の写し

■登記事項証明書

■耐震基準適合証明書など

関連トピック
特定居住用財産の買換えに伴う譲渡損失の繰越控除の特例と届出書類について

特定居住用財産の買換えに伴う譲渡損失の繰越控除の特例を受ける場合には、翌年の2月1日から3月15日までに次の書類を添付して譲渡損失が生じた年に確定申告をする必要があります。

また、繰越控除を受ける期間は連続して確定申告をしなければなりません。

■登記簿謄本または抄本
■住民票の写し
■買換え資産に係る住宅借入金等の残高証明書

固定資産税の軽減措置
都市計画税の軽減措置の要件は?
贈与税の特例と届出書類
ローン完済前に建て替えはできる?
借り換えローンとは?
固定資産税の軽減措置の要件は?
不動産取得税の特例と届出書類
特定居住用財産の買換えに伴う譲渡損失の繰越控除の特例と届出書類
建て替えローンの融資条件は?
提携ローンの融資とは?
事業者・個人データ・修正
免責不許可事由
貸金業協会・加盟していない業者
訪問販売
固定金利型と変動金利型
固定資産税の納め方
住宅ローン控除の確定申告
まとまった資金がない
友の会
提携ローン・直接ローンの利用方法
固定資産税の納め方
賃貸と持家の相違
物件の申し込みと重要事項の説明
中古住宅の広告の見方

Copyright (C) 2011 住宅ローンの税金ガイド All Rights Reserved