×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの税金ガイド



土地取引の事後届出制とは?

土地取引の事後届出制とは?

国土法の規制区域、注視区域または監視区域として指定された区域以外の区域においては、一定規模※1の土地について売買等の取引をした場合には、当事者のうち権利取得者(買主等)は、その契約を結んだ日から起算して2週間以内に取引の価格と利用目的等を、都道府県知事※2に届出なければならないことになっています。

※1 次のように定められています。
■市街化区域内 ⇒ 2,000u以上
■その他の都市計画区域内 ⇒ 5,000u以上
■都市計画区域外 ⇒ 1万u以上

※2 指定都市の場合は指定都市の長です。

土地取引の事後届出制の審査・勧告・公表とは?

都道府県知事は、届出に係る土地の利用目的について審査した結果、土地利用基本計画等に適合しない場合には、変更勧告をすることができます。

そして、もしこの勧告に従わない場合には、公表することができます。

関連トピック
土地取引の事前届出制とは?

国土法の注視区域および監視区域において、一定規模※の土地について売買等の取引を行おうとする場合には、当事者(売主、買主等)は、取引の価格と利用目的等をあらかじめ都道府県知事に届出なければならないことになっています。

※次のように定められています。
■注視区域 ⇒ 2,000u以上
■その他の都市計画区域内 ⇒ 5,000u以上
■都市計画区域外 ⇒ 1万u以上
■監視区域  ⇒ 都道府県知事(指定都市の場合は指定都市の長)が規則で定める面積以上

土地取引の事前届出制の中止・変更・勧告とは?

都道府県知事は、届出をされた価額が著しく適正を欠き、または利用目的が土地利用基本計画等に適合しない場合等は、中止または変更するよう勧告をすることができます。

そして、もしこの勧告に従わない場合には、公表することができます。


土地取引の事後届出制とは?
土地利用基本計画とは?
土地利用権とは?
都道府県都市計画審議会、市町村都市計画審議会とは?
土間コン(べたコン)とは?
土地取引の事前届出制とは?
土地利用基本計画の土地利用の調整等
土地利用審査会とは?
都道府県都市計画審議会、市町村都市計画審議会の委員は?
トランシェとは?
農業振興地域の整備に関する法律
配達証明
付加使用料
ひび割れ
復代理人
法地(のりち)
白華現象(はっかげんしょう)
PER
固定資産税の評価替え
附合(ふごう)
社会責任投資
承継執行文
純可処分所得
クレジットカード

Copyright (C) 2011 住宅ローンの税金ガイド All Rights Reserved